費用相場はどれくらい?

矯正治療には高額な費用がかかるというイメージがあるかもしれません。実際にかかる費用は矯正の種類や症例によって異なるため、診察を受けてみなければわからないものです。とはいえ、費用相場の目安だけでも事前に知っておきたいという人に向けて、ここでは矯正治療の相場を紹介します。

矯正費用のしくみ

矯正治療は、健康保険が適用にならないため、基本的に全額自己負担となります。そのため、高額な費用がかかってしまうのが実情です。費用は矯正の種類や症例によっても異なるため、初診の際に先生に詳しい説明を受けましょう。ここでは、歯列矯正の種類ごとに料金相場をご紹介します。

表側矯正の種類と料金相場

表側矯正には、主に以下のような種類があり、それぞれ特徴や料金相場が異なります。まずは、表側矯正の種類とそれぞれの特徴やメリット、デメリットを把握しましょう。

金属ブラケット

歯の表面に金属製の矯正装置を付ける方法で、最も一般的に行われている矯正治療です。金属製の丈夫な矯正装置なので、さまざまな症例に対応できることがメリット。一方、矯正装置が目立つことがデメリットです。

審美ブラケット

審美ブラケットは、白や透明の矯正装置で治療を行う方法です。金属ブラケットよりも目立たないことがメリットです。また、金属を使用しないため金属アレルギーの人も治療できます。一方で、金属ブラケットに比べて費用が高くなることがデメリットです。

セルフライゲーションブラケット

ブラケット本体にワイヤーを固定した矯正装置で治療する方法です。移動させる歯に摩擦が生じにくいため、負担が少なく、短期間で治療できることがメリット。一方、矯正装置が大きいことと、費用がやや高いことがデメリットです。

表側矯正の料金相場は以下のとおりです。

  • 金属ブラケット矯正の料金相場:750,000円~800,000円
  • 審美ブラケット矯正の料金相場:800,000円~1,200,000円
  • セルフライゲーションブラケットの料金相場:800,000円~1,000,000円

裏側矯正の種類と料金相場

裏側矯正とは、矯正装置を歯の裏側に付ける治療方法です。矯正装置が見えにくいため、矯正中であることを周囲に気付かれずに治療できることがメリットです。ただし、歯の裏側に装置があるため、慣れるまで違和感があり、発音しにくいというデメリットもあります。また、表側矯正よりも料金相場が高くなることもデメリットです。

また、目立ちやすい上顎の歯のみ裏側矯正にして、下顎は表側矯正にする「ハーフリンガル矯正」という治療法もあります。それぞれの料金相場は以下のとおりです。

  • 裏側矯正の料金相場:1,000,000円~1,300,000円
  • ハーフリンガル矯正の料金相場:900,000円~1,200,000円

マウスピース矯正の料金相場

マウスピース矯正とは、透明のマウスピースをつかって歯を矯正する方法です。メリットは矯正装置が目立たないことと、取り外してお手入れできること。デメリットとして、装着時間を守らないと矯正期間が長引いてしまうことが挙げられます。料金相場は次のとおりです。

  • マウスピース矯正の料金相場:150,000~800,000円/全顎矯正

綺麗な歯並びがまぶしい!マリコ先輩の一口メモ

イメージ
初診を受ける前に
矯正の種類と料金相場を把握しておこう

矯正治療にも種類があるから、初診を受ける前に特徴やメリット、デメリットは押さえておきたいものね。料金相場も矯正の種類によって違うから、目安を知っておいたほうがいいと思うわ。ただし、料金は症例によって治療方法も変わってくるし、料金も違うことは認識しておくべきね。
それから、矯正治療は歯科医院によって受けられる治療法や先生の専門も違うから、各医院のホームページで確認してみて。不安な事は先生に相談してみるといいわ。

dentistry in Roppongi
六本木のおすすめ矯正歯科医院2院
I.D.C
国際歯科クリニック
ウィングT-CUBE
クリニック

■歯列矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の平均的な費用はおよそ80~120万円、期間については平均2~3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
■副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもあります。ご不明点はクリニックへご相談ください。
■お問い合わせ先
I.D.C国際歯科クリニック:03-3478-4633、ウィングT-CUBEクリニック:03-3505-3131
■治療内容について
表側矯正:ブラケットを歯の表側に付ける、一般的な矯正方法。裏側矯正:ブラケットを歯の裏側に付ける矯正法。マウスピース矯正:理想の歯並びに向かって少しずつ形の違うマウスピースを交換していき、歯列を整える矯正方法。部分矯正:部分的な歯列の乱れを正す矯正方法。