矯正歯科に保険は適用できる?

矯正治療でも健康保険を適用できるケースはあります。どのような症状が対象となるのかまとめましたので、少し詳しくみてみましょう。また、自己負担となる費用の目安などもチェックしてみて。

矯正治療と健康保険

まずは、矯正治療と健康保険の関係についてみてみましょう。

基本的には適用外

矯正歯科の治療は、基本的に健康保険(公的医療保険)の適用外となっています。理由としては、歯並びや噛み合わせの治療は「見た目」を改善するための処置とみなされており、「健康上、治療が必要な疾患」としては考えられていません。そのため、審美的な矯正治療は自由診療になっているのです。

保険適用の矯正治療もある

しかし、歯科の矯正治療でも症状によっては健康保険が適用される場合があります。口蓋裂や口唇裂といった、先天性の疾患である場合や、顎変形症のために外科的な治療が必要である場合です。

先天的な咬合機能の異常の場合であれば、「健康上、治療が必要な疾患」として認められています。見た目だけでなく、食事や発音などの機能上の支障をきたしていると言えるからです。また、顎が出っ張りや顔の歪みなどの外科治療、手術を伴う矯正治療も、すべて健康保険の適用対象となります。

保険が適用される症状と適用されない症状は、明確に分けられています。保険が適用される症例は「正式な病名があり、外科手術を伴う」の2点を参考にしておけばよいでしょう。

保険適用の矯正治療の種類

保険適用となる矯正治療には、どのような種類があるのでしょうか?

外科手術を伴う顎変形症

「顎変形症(がくへんけいしょう)」とは、顎の形や大きさに異常があるために、顎が上下でアンバランスになってしまうことで、「咬合不正」と呼ばれる噛み合わせの異常を発症してしまったり、顔のゆがみや変形などの症状が見られる状態のことを指します。形成外科や口腔外科で診断されることが多い症例です。

顎変形症と診断され、外科手術を受ける場合、その手術費用はもちろん、治療に伴って行われる矯正治療もすべて健康保険の適用内となります。とりわけ顎変形症は、成人の矯正治療で保険が適用されるケースが多い症状です。

出っ歯や受け口でも顎変形症の可能性がある

顎変形症は発症数が少ない特殊な症状ではありません。出っ歯や受け口、顔のゆがみなどを引き起こしている歯並びの悪さの根本的な原因になっている人も多くいます。

通常の矯正治療だけでは改善できない顎変形症の場合は、顎の骨の手術が必要なこともあります。このため、手術に向けて実施される矯正歯科の治療、また手術後の矯正治療も保険適用となります。 

先天生の口蓋裂や口唇裂

保険適用内の矯正歯科のうち、顎変形症と並ぶもうひとつの症例は先天性の疾患です。先天性、つまり生まれた時から形成異常の状態になっている場合であれば、歯科の矯正治療にも健康保険が適用されます。

先天性の疾患としては、口蓋裂や口唇裂があげられます。これらは上の歯列の内側の部分(口蓋)や上唇が生まれつき裂けてしまっている疾患で、口まわりで比較的多く見受けられる先天性の異常です。

これらは、子どもの歯の成長や正常な歯並びはもちろん、機能上の障害として影響を及ぼす可能性があるため、健康保険が適用されます。このため、出生後から矯正治療を受けることが多いケースになります。

健康保険内の矯正治療の注意

健康保険が適用される矯正治療の費用や期間、また注意すべきことはどのようなことでしょうか?

適用できる施設は限られている

すべての歯科・クリニックで、健康保険が適用される矯正治療を受けられるわけではありません。厚生労働省から「指定自立支援医療機関」として認定されている医療機関での治療のみ対象となりますので、注意しましょう。

日本矯正歯科学会のホームページでは、健康保険で矯正治療を受診できる施設が掲載されていますので、チェックをしてみましょう。

治療の負担費用や申請方法は?

健康保険が適用できる矯正治療もありますが、もちろん治療や手術の費用の自己負担はあります。自由診療での矯正治療は、一般的に料金も一定ですが、保険を適用する矯正治療を受ける場合は、治療期間や回数、実施した治療内容によって、1人ひとり料金が異なります。

そのため一概には言えませんが、一般的に健康保険を適用して矯正治療をおこなった場合の自己負担額は、おおよそ30万円程度とされています。しかし、全額負担で治療をする場合は100万円ほど必要とされるため、低価格で治療をおこなうことが可能です。

申請の相談や手続きは、所定の保健所や福祉課で受け付けているので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

綺麗な歯並びがまぶしい!マリコ先輩の一口メモ

イメージ

顎変形症であれば保険の適用も 矯正治療で悩まず、相談してみて!

口元の美しさを改善してくれる矯正治療だけど、全部が保険適用外というわけじゃないんだよ!大人の場合、顎変形症が原因になっている症例は、保険が適用できるケースも。出っ歯や受け口も顎変形症が原因なことがあるから、費用面で治療を受けるかどうか迷う前に、まずはクリニックで相談してみてね♪

dentistry in Roppongi
六本木のおすすめ矯正歯科医院2院
I.D.C
国際歯科クリニック
ウィングT-CUBE
クリニック

■歯列矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の平均的な費用はおよそ80~120万円、期間については平均2~3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
■副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもあります。ご不明点はクリニックへご相談ください。
■お問い合わせ先
I.D.C国際歯科クリニック:03-3478-4633、ウィングT-CUBEクリニック:03-3505-3131
■治療内容について
表側矯正:ブラケットを歯の表側に付ける、一般的な矯正方法。裏側矯正:ブラケットを歯の裏側に付ける矯正法。マウスピース矯正:理想の歯並びに向かって少しずつ形の違うマウスピースを交換していき、歯列を整える矯正方法。部分矯正:部分的な歯列の乱れを正す矯正方法。