矯正歯科の医療費控除について

一定の医療費が返ってくる「医療費控除」の制度ですが、矯正歯科の治療でも、医療費控除の対象となることがあります。控除の対象となれば、所得税の還付や住民税の減額を受けることができ、矯正治療にかかる費用をおさえることができます。

医療費控除と矯正治療

そもそも医療費控除とはどのような制度なのでしょうか?また矯正歯科の治療のうち、どのようなケースが控除の対象となるのでしょうか?

医療費控除とは?

「医療費控除」とは、その年の1月1日から12月31日までの期間中に10万円を超える医療費を支払った場合に、そのうちの一定金額の所得控除を受けることができる制度のことです。これを適用することで、納めた税金のうちの一部が還付され、受け取ることができます。また住民税でも減額の処置を受けることが可能です。医療費には、自分自身のために行った治療費はもちろん、家族のために支払った治療費も控除の対象となります。

ちなみに、所得税は自身の所得額に応じて税率が変わるため、還付として払い戻しされる金額もご自身の所得税の税率によって変わってきます。

控除の対象となる矯正歯科もある

歯並びや噛み合わせを美しく整えてくれる矯正歯科ですが、長期間にわたって治療が続くこともあり、治療にはそれなりの費用が必要です。健康保険が適用されない矯正治療となると、治療は「自由診療」、つまり治療費の全額が自己負担となってしまうため、決して安いとは言えません。

しかし、矯正歯科の治療でも、一定の条件を満たしている治療であれば、医療費控除の対象となることがあります。控除の対象となれば、払い戻しを受けることができますので、費用面でも矯正治療を受けやすくなると言えるでしょう。

控除の対象となる矯正歯科とは

医療費控除の対象となる矯正歯科の治療は、噛み合わせや歯並びが悪いことによって、食べ物を十分に噛むことができなかったり、発音に悪い影響を及ぼしているなど、歯の機能として支障をきたしている症状を治療する場合です。この場合、「咀嚼障害」や「発音障害」といった診断名がつきます。これらの診断名が付けば、ほとんどの場合、治療は医療費控除の対象となります。

これは、大人の矯正治療はもちろん、子どもの場合でも同じです。矯正治療を受ける子どもの年齢や正常な正常を妨げないこと、また治療が行われる目的をかんがみた場合、その矯正治療が社会的に必要であると認められれば、控除の対象となります。子どもの矯正治療はほとんどの場合、医療費控除の対象となるようです。

見た目の改善治療は対象外

ただし矯正歯科の治療のうち、口元の見た目の改善といった美容目的や予防を主な目的としておこなわれる治療については、原則的に医療費控除の対象外となります。対象として認められる基準が、歯の機能性の改善にあるからです。

しかし、矯正治療を受ける人のほとんどに、大抵の場合、歯並びの悪さによる咀しゃく障害や噛み合わせの改善が認められるものです。咀しゃく障害などを改善することが主目的であると矯正歯科の医師が判断し、専門医が同様の診断書を下せば、審美的な改善を含む場合でも、医療費控除の対象となります。

どんな費用が治療費に含まれる?

それでは、どのような支出が、矯正歯科の治療費として医療費控除の対象として認められるのでしょうか?

診察料や医薬品

矯正歯科の治療では、診断にかかる費用はもちろん、レントゲンなどの検査費用、矯正装置の費用と矯正装置を装着するために必要な処置費用と調整料、また治療に必要な医薬品についても、医療費控除の対象として認められます。

ただし医薬品については、健康増進や予防等を目的としたものである場合は対象となりませんので、ご注意ください。

通院費用も対象に

矯正治療の通院のために公共交通機関を使う場合は、その交通費も医療費控除の対象になります。また、幼い子どもが矯正歯科の治療を受ける場合など、保護者の付き添いが必要な場合は、保護者の交通費も含めることができます。

バスや電車などが利用できない事情がある場合は、タクシー代も含めることができます。ただし、自家用車を使用した際のガソリン代や駐車場代などは対象として認められません。

交通費の場合は医療費控除の申請の際に必要な領収書を受け受け取れない場合が多いため、支払った日や金額、医療機関の名前などをメモでまとめておくようにしましょう。

どれくらい金額が返ってくる?

医療費控除の対象となることで、どれくらいの還付を受けることができるのでしょうか?

基本的に治療費から10万円を引いた額

基本的に、「1年間にかかった医療費(A)」から「受給された保険金などの金額(B)に10万円を加えた金額(C)」を差し引いた金額が、医療費控除の金額になります(計算式としては、Aー(B +C)です)。ただし、医療費控除楽は200万円が上限になります。

矯正歯科の治療では、生命保険などの保険金の受給はないと言えるため、基本的には、かかった治療費から10万円を差し引いた金額が医療費控除の対象額になると考えられます。

所得によって変わってくる

しかし、医療費控除は、既に述べたように、住民税や所得税の算出にあたって、所得から控除(差し引く)ことができる金額ですから、還付される金額は、既に述べたように、ご自身の所得税の税率によって変わってきます。

還付金額の計算は、「医療費控除の金額」×「ご自身の所得に応じた税率」です。詳しくチェックすることが必要ですが、所得が年間500万円あり、矯正治療に100万円がかかったモデルケースとしては、「100万円-10万円」×「500万円の税率20%」となりますから、18万円が還付されることになるのです。同様に、所得が年間2000万円であれば税率は40%なので、矯正治療の還付金は36万円になります。

住民税の減額にも

さらに医療費控除は、所得税だけでなく、住民税の減額でも受けることができます。住民税では一律で医療費控除の金額の1割が減額になるため、矯正治療に100万円を使った場合、「医療費控除の金額(100万円-10万円)」×10%で、9万円が住民税から減額できます。

年間500万円の所得があり、矯正治療に100万円を使ったという先ほどのモデルケースの場合、所得税の還付金と住民税の減額分を考えれば、実質73万円で矯正治療を受けられます。

医療費控除のポイント

お得な医療費控除ですが、矯正治療を対象とする場合、どのようなポイントに注意すべきでしょうか?

領収書などをしっかり保管

医療費控除は、税務署へ確定申告することで、一定の医療費が戻ってくる制度です。申告に必要な書類や、治療にかかった費用の領収書、また交通費の領収書なども残さず保管しておくようにしましょう。

ちなみに、治療期間中に年が変わってしまう場合は、それぞれの年の1月1日から12月31日までのあいだに支払った医療費などが、その年の控除の対象となる金額になります。

また、医療費控除は申告を忘れていても、5年前までさかのぼって受けることが可能なのもチェックしておきましょう。

事前に医療費控除が可能かチェック

既に述べたように、子どもの矯正歯科は一般的に医療費控除の対象となることが多いですが、大人の矯正治療は必ずしもそうだとは言えません。「発音障害」「咀しゃく障害」などの診断書がなければ対象とはなりません。

医療費控除を受けられる前提で矯正治療を考える場合は、その治療が控除の対象となり、医師に必要な診断書をもらえるかどうか、事前に確認するようにしましょう。

ローン払いでも控除の対象に

ローンで支払った治療費でも医療費控除の対象です。矯正治療は高額になる場合が多いため、これは助かる制度ですね。ローン払いでは歯科医院の領収書が手元に残らない場合もありますが、支払い明細書や歯科ローンの契約書などで申請できますので、これらも忘れずに保管しておくようにしましょう。

ただし、ローンの手数料は医療費控除の対象にはなりません。

共働きであれば収入の多い方が申告を

医療費控除は所得税の税率によって変わってきますので、夫婦で共働きをしている場合は、収入の多い方が申告する方がお得になります。子どもの矯正治療などの場合は、節税効果もある、という点も踏まえた申告をすると良いでしょう。

綺麗な歯並びがまぶしい!マリコ先輩の一口メモ

イメージ

控除を受けられたら、お得に矯正治療できるね!

メリットがたくさんある矯正治療だけど、そのぶん治療費も決して安くないもの…。でも、見た目だけじゃなくて、歯の機能の改善が含まれる矯正治療なら、医療費控除の対象となることがあるのよ!対象になれば、場合によっては10万円以上もお得に治療を受けられるから、事前に歯医者さんに相談してみよう♪

dentistry in Roppongi
六本木のおすすめ矯正歯科医院2院
I.D.C
国際歯科クリニック
ウィングT-CUBE
クリニック

■歯列矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の平均的な費用はおよそ80~120万円、期間については平均2~3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
■副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもあります。ご不明点はクリニックへご相談ください。
■お問い合わせ先
I.D.C国際歯科クリニック:03-3478-4633、ウィングT-CUBEクリニック:03-3505-3131
■治療内容について
表側矯正:ブラケットを歯の表側に付ける、一般的な矯正方法。裏側矯正:ブラケットを歯の裏側に付ける矯正法。マウスピース矯正:理想の歯並びに向かって少しずつ形の違うマウスピースを交換していき、歯列を整える矯正方法。部分矯正:部分的な歯列の乱れを正す矯正方法。