期間はどのくらいかかるの?

歯の矯正にかかる期間は治療法や症例によっても異なりますが、治療が完了するまで数年かかるのが一般的です。そのため、ライフプランに合わせて矯正開始時期を決めることが大事です。ここでは、矯正治療に時間がかかる理由、期間の目安を紹介します。

なぜ矯正治療には時間がかかるの?

矯正治療に時間がかかる理由は、歯が移動する時間に関係があります。そもそも、歯を移動させるのは、歯や顎に負担がかかるものです。そのため、負担をできるだけ抑えながら、少しずつ歯を移動させる必要があります。

矯正治療で歯を移動させる幅は、3~4週間で1mm程度です。歯を移動させる距離にもよりますが、歯が正しい位置に移動するまで1年以上の期間がかかります。また、矯正により歯が移動した後も、キープするための保定期間が必要です。

矯正治療の種類による期間の目安

矯正治療の方法によっても、治療期間が変わってきます。それぞれの矯正方法で、どのくらいの期間がかかるのか紹介します。

ブラケット矯正

ブラケット矯正の治療期間の目安は、2年半から3年程度です。期間はかかるものの、0.1mm単位で歯を移動させることができるため、歯並びとかみ合わせの両方を調整するのに適しています。

舌側ブラケット矯正

舌側ブラケット矯正の治療期間の目安は、3年程度とされています。完全に治療が終わるまで、長い期間を要します。舌側ブラケット矯正は、歯の裏側に矯正器具を付けるため、目立たないことがメリットです。そのため、治療期間が長くても、見た目にはほとんど影響がありません。

マウスピース矯正

マウスピース矯正の治療期間は、1年から2年程度といわれています。マウスピースは自分で着脱するため、装着時間を守らないと治療期間が長引いてしまう可能性があります。そのため、マウスピース矯正では、自己管理が大事です。

部分矯正

部分矯正は、目立ちやすい前歯のみ矯正する方法です。そのため、治療期間が短く、3カ月から1年程度で矯正を終えることができます。ただし、部分矯正では歯並びは矯正できますが、かみ合わせを調整することはできません。

矯正治療の流れ

矯正治療はカウンセリングを受けることから始まります。その際に、治療期間や費用についての説明があります。矯正装置を付けたあとは、3週間から1カ月に1回の通院が必要です。歯が理想の位置に動いたら、矯正装置を取り外すことができます。

ただし、装置を外したあとも、歯を固定するために保定装置を付けなければなりません。保定期間は矯正期間と同じくらい必要です。保定期間の通院は、2カ月から半年に1回程度となります。

綺麗な歯並びがまぶしい!マリコ先輩の一口メモ

イメージ
歯列矯正は計画的に考えよう!
治療期間は1年から3年程度が目安

歯列矯正は矯正方法によっても違いはあるけど、1年から3年程度かかるみたい。歯や顎の負担を考えると、少しずつ矯正していくのはやむを得ないわね。矯正しようと考えたら、ライフプランに合わせて計画的に治療する必要があるわ。
たとえば、就職や結婚といった節目までに矯正を完了させたいと考えるなら、早めに計画を立てておくべきね。
そのためにも、まずはカウンセリングを受けてみるのがおすすめ。矯正期間に不安がある場合は、先生に相談してみましょう。

dentistry in Roppongi
六本木のおすすめ矯正歯科医院2院
I.D.C
国際歯科クリニック
ウィングT-CUBE
クリニック

■歯列矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の平均的な費用はおよそ80~120万円、期間については平均2~3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
■副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもあります。ご不明点はクリニックへご相談ください。
■お問い合わせ先
I.D.C国際歯科クリニック:03-3478-4633、ウィングT-CUBEクリニック:03-3505-3131
■治療内容について
表側矯正:ブラケットを歯の表側に付ける、一般的な矯正方法。裏側矯正:ブラケットを歯の裏側に付ける矯正法。マウスピース矯正:理想の歯並びに向かって少しずつ形の違うマウスピースを交換していき、歯列を整える矯正方法。部分矯正:部分的な歯列の乱れを正す矯正方法。