矯正治療の認定医と専門医の違いとは?

歯並びや噛み合わせを治療する矯正治療には、何年もの歳月がかかる場合も。「せっかく何年もかけて治療を受けたのに、思っていたように治らなかった…」と後悔しないためにも、事前にしっかりとお医者さん選びをすることが大切です。チェックポイントは「専門医」であること。矯正治療にあたる歯科医師の基準についてまとめましたので、ここで詳しくみてみましょう。

矯正医師の認定制度とは?

歯科医師免許があれば誰でも矯正治療ができるけれど…

現在の日本における歯科医療の制度では、「歯科医師免許」を持っていさえすれば、誰でも矯正治療を行うことができます。言い換えれば、矯正治療や治療技術についての知識があろうとなかろうと、また実際の治療の経験があろうとなかろうと、「矯正歯科」という看板を出して診察をすることができる、ということです。

もちろんこれは極論ですが、矯正治療の知識も経験もないクリニックで治療を受けるなんて、誰でも不安になりますよね。矯正治療は虫歯や歯周病などを治療する一般歯科とは大きく異なる部分がありますから、治療にあたっては当然ながら、専門の知識を習得していること、治療に必要な技術を身につけていることが欠かせません。歯科大学でもそのすべてを学ぶことができるわけではないため、優れた矯正医師になるためには、歯科大学を出た後にしっかりと矯正治療の経験を積むことが求められます。

矯正治療の技術力を認定する制度がある

こうした医師の矯正治療の技術レベルを認定する制度が、「日本矯正歯科学会」等が設けている「認定医」や「専門医」といった制度です。治療を受ける前に、その歯科医師が「認定医」や「専門医」といった認定を受けているかどうかを確認することで、「このクリニックで矯正治療をお願いしても大丈夫?」といった不安の解消に役立てることができます。

認定された矯正医師のレベルとしては、まず「認定医」があり、そのうえに「専門医」があります。さらに矯正医師を指導できる「指導医」という認定もありますが、いずれも厳しい合格基準をクリアしなければ、認められません。

認定医と専門医の違い

「認定医」とは

矯正治療の認定医とは、学会が認定している矯正医療の施設や大学病院で、5年以上実際の矯正治療の経験があるうえで、学会等での審査に合格した歯科医師のことです。認定する学会によっては、150以上の症例を自ら治療していること、論文を発表していることなどの条件もあります。

しかしこれでも、矯正医師としては、最低限の知識と矯正の技術を有しているレベル、とも言われています。

「専門医」とは

さらに上のレベルである矯正医師の「専門医」になるためには、「認定医」の資格を既に取得していることはもちろん、自ら治療をおこなった患者の症例を公開すること、また学会が定めている矯正治療の課題症例を治療し、その治療の結果が学会が求める基準に達していることなど、厳しい条件が求められます。

矯正医師の専門医は、2018年の時点で、全国に480名ほど。歯科医師全体は日本で約10万人いるとされ、矯正治療を診療科に掲げているクリニックは約2万ですので、合格するには実績と技術力が備わっている必要がある、というのがわかりますね。

矯正治療を受ける前に、そのクリニックの矯正医師が専門医であるかどうかチェックすることで、医師の矯正医療の実績や技術力を知ることができますので、事前に調べるようにしましょう。

「指導医」とは

これは補足ですが、矯正治療の歯科医師には、「指導医」という医師も存在します。「指導医」は、矯正医師を教育するために必要な資格で、歯科大学の卒業後に、矯正治療を専門的に学びたい医師を指導しています。矯正治療の専門的な技術力を向上、維持するために、さまざまな制度があるのです。

ただし、指導する立場の医師資格なので、大学などの教育機関での指導実績が基準です。あくまでも教育的、治療に関する研究に対する資格なので、治療を受けたいと考える場合は、より現場でおこなっている専門医を探すという方法で良いでしょう。

「専門医」の確認方法

「認定医」や「専門医」の確認方法は?

矯正歯科を掲げているクリニックを受診する前に、そのクリニックのホームページなどに、矯正治療をおこなっている医師の名前はもちろん、「認定医」や「専門医」の資格の有無があることを確認しましょう。既に上でも述べましたが、看板に「矯正歯科」と掲げられていても、矯正の専門知識や技術力がどれほどあるのかは、それだけではわかりません。矯正治療で失敗しないためには、「担当する歯科医師が専門医かどうか」チェックすることがとても大切なのです。

また、歯科医療の学会のwebサイトでは、その学会が認定している「認定医」および「専門医」の名簿の一覧が公開されていますので、こちらもチェックすることをおすすめします。受診できるクリニックの住所なども記載がありますので、自宅の近くにいる専門医を調べることにも役立ちますよ。

厚生労働省に認定されているかもチェック

矯正歯科の専門医だけでなく、歯科専門医の認定制度については、厚生労働省で認定されているものとされていないものが存在します。

認定されていないからと言って一口に信用ならない、という事ではありませんが、やはり認定されていると安心が違いますよね。

矯正歯科の分野では以下の3団体

  • 日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)
  • 日本矯正歯科学会(JOS)
  • 日本成人矯正歯科学会(JAAO)

が、厚生労働省の指導のもと、統一の専門医制度の検討を進めています。

綺麗な歯並びがまぶしい!マリコ先輩の一口メモ

イメージ

矯正治療は時間もお金もかかるから 専門医がいるクリニックだと安心だね♪

残念ながら、歯医者さん全員が矯正治療のスペシャリストとは言えないんだよね…。でも、矯正治療には学会の厳しい認定制度もあるから、受診するクリニックの歯医者さんが「認定医」の資格を持っているかどうかチェックすれば、治療の不安もきっと解消できるよ!クリニックホームページや学会のウェブサイトを調べて、失敗しない矯正治療を受けようね!

dentistry in Roppongi
六本木のおすすめ矯正歯科医院2院
I.D.C
国際歯科クリニック
ウィングT-CUBE
クリニック

■歯列矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の平均的な費用はおよそ80~120万円、期間については平均2~3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
■副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもあります。ご不明点はクリニックへご相談ください。
■お問い合わせ先
I.D.C国際歯科クリニック:03-3478-4633、ウィングT-CUBEクリニック:03-3505-3131
■治療内容について
表側矯正:ブラケットを歯の表側に付ける、一般的な矯正方法。裏側矯正:ブラケットを歯の裏側に付ける矯正法。マウスピース矯正:理想の歯並びに向かって少しずつ形の違うマウスピースを交換していき、歯列を整える矯正方法。部分矯正:部分的な歯列の乱れを正す矯正方法。