抜歯をしない矯正もあるの?

歯がガタガタ、出っ歯、受け口といった症状の場合、顎の大きさに比べ歯が大きく並びきらないのが原因とされています。ここでは、抜歯が必要なのか、抜歯のメリット・デメリット、歯を抜かない矯正治療法についてまとめています。

矯正をするには必ず抜歯しなきゃいけないの?

歯列矯正はしたいけど、歯を抜くと言うことに抵抗がある人も多いと思います。結論からいうと、抜歯は必ずしも必要ではありません。しかし、成人になって矯正をする場合は、抜歯が必要なケースが多いのです。

歯を抜くのは日本人特有の骨格差が原因?

日本人は骨格的に、顎の幅や口腔内が小さいということがあり、前方に歯が飛び出し口元が出て見えがちです。さらに、平坦な顔立ちなので、顎がより下がって見えるので、矯正の本来の目的である美しい歯並びや口元、理想的な横顔のラインにならないのです。

そもそも、矯正治療では、「歯を抜かないから良い治療」というわけではありません。虫歯治療の場合は、なるべく抜歯や、歯を削ることを最小限にするという治療があります。これは、将来を考え、健康な歯をできるだけ残すための治療法を選択するからです。

しかし、矯正治療では、八重歯や乱杭歯といった歯がガタガタに生えてしまう原因は、顎の大きさに比べて歯が大きいため、並びきらずに起こります。出っ歯や受け口でも抜歯が必要な場合もあります。

矯正のために抜歯をするメリット・デメリット

メリット

  • 理想に近いキレイな歯並びが実現できる
  • 矯正治療後の後戻りもしづらく、歯列が維持できる

抜歯をすることで矯正治療の目的である、正しい噛み合わせと口元の美しさを実現することが可能になります。

デメリット

  • 健康な歯の本数が減ってしまう

矯正治療で抜歯するには健康な歯の本数は少なくなりますが、医師の判断によって状態の悪い歯や形が悪い歯を選んで、治療を進めることもできます。

どの歯を何本抜くのか、抜歯しなくても良いのかは、その人の口の状態によりますので、きちんと診断を受けてみましょう。

抜かない歯列矯正とは?

抜かない矯正を非抜歯矯正といいます。歯を抜かない治療法には、奥歯をさらに奥へ移動させる、歯が生えている骨のU字型の幅を少しづつ拡張する、歯を少し削りスペースを作る方法が挙げられます。

歯のガタガタが軽度の症状では有効ですが、中度以降の症状や出っ歯、受け口では、口元が突き出してしまう、噛み合わせが改善しないといった結果が見られます。矯正歯科クリニックや歯科医によっても考え方が違ってくるので、まずは相談してみてください。

綺麗な歯並びがまぶしい!マリコ先輩の一口メモ

イメージ
結果を重視したいなら抜歯も必要!
信頼できる医師にまず相談を

歯を抜くのに抵抗がある気持ち、とっても分かるわ。私の場合も顎が小さくて歯が大きかったから抜歯が必要だったの。矯正担当の先生に、最終的には歯がどういう風に移動して整うのか、なぜ抜歯が必要なのかをきちんと説明を受けて、納得のうえ治療をはじめたわ。
マウスピース矯正では、ほとんどが3Dシュミレーションで治療の理解を深めることもできるのよ。

一番大切なのは、デメリットも踏まえ、きちんと説明をしてくれる、自分に合ったクリニックを探すことが大切よ!

dentistry in Roppongi
六本木のおすすめ矯正歯科医院2院
I.D.C
国際歯科クリニック
ウィングT-CUBE
クリニック

■歯列矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の平均的な費用はおよそ80~120万円、期間については平均2~3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
■副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもあります。ご不明点はクリニックへご相談ください。
■お問い合わせ先
I.D.C国際歯科クリニック:03-3478-4633、ウィングT-CUBEクリニック:03-3505-3131
■治療内容について
表側矯正:ブラケットを歯の表側に付ける、一般的な矯正方法。裏側矯正:ブラケットを歯の裏側に付ける矯正法。マウスピース矯正:理想の歯並びに向かって少しずつ形の違うマウスピースを交換していき、歯列を整える矯正方法。部分矯正:部分的な歯列の乱れを正す矯正方法。