裏側矯正

裏側矯正は、歯の裏側に装置を装着し、矯正する方法です。目立たないのはもちろんのこと、見た目以外にもメリットがあります。一方で、デメリットもあるので、ここで押さえておきましょう。裏側矯正がどんな人に適しているのかわかります。

裏側矯正とは?

裏側矯正とは、従来歯の表面に装着していた装置を、裏側矯正では歯の裏側に装着する治療方法です。「リンガル矯正」や「舌側矯正」と呼ばれることもあります。装置が歯の裏側にあるため、目立たないことが特徴です。そのため、話したり笑ったりしても矯正装置を付けていることに気付かれません。

受付やアナウンサーなど、人前に出る職業の人でも矯正することが可能です。裏側矯正には高度な技術が必要とされるため、治療を受ける際には信頼できる歯科医院を選びましょう。

こんな人におすすめ!

  • 軽く口を開けた程度では装置が見えないため、矯正治療中であることを人に知られたくない人
  • 見た目の印象が大事な接客や営業、アナウンサーなどの職業に就いている人
  • 矯正装置が目立つ表側矯正に抵抗があり、矯正をためらっていた人
  • もともと出っ歯で、表側矯正で特有の唇側の突出が気になる人
  • 裏側矯正では前歯が引っ込みやすいため、出っ歯の改善をしたい人

表側矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 歯の裏側に装置を付けるため、普段の生活で気付かれることが少ない
  • 歯の裏側はエナメル質が厚く、唾液の分泌量の多いため、虫歯になりにくい
  • 前歯をしっかりと引っ込めることができるので、出っ歯の改善に向いている
  • 舌で歯を押す癖が改善できるため、矯正後の後戻りがしにくい

裏側矯正の最大のメリットは目立たないこと。そのため、矯正装置を付けるストレスを軽減することが可能です。また、歯の裏側に装置を付けることで虫歯になりにくい、出っ歯の改善に向いているといった特徴もあります。

デメリット

  • 矯正装置が裏側にあるため、舌が動かしにくく、慣れるまで違和感がある
  • 高い技術が必要とされるため、表側矯正よりも矯正費用が高くなる
  • 矯正装置が舌に触れるため、慣れるまで発音しにくいと感じることがある
  • 歯並びの状況によっては、表側矯正よりも矯正期間が長くなる可能性がある
  • スタンダードな表側矯正に比べて、治療を行っている歯科医院が少ない

高度な技術が必要で、矯正装置がオーダーメイドとなるため、表側矯正よりも費用がかかってしまうことがデメリット。

また、そもそも裏側矯正を受けられる歯科医院が少ないということも挙げられます。舌側に装置があるため、慣れるまで違和感もあるでしょう。

dentistry in Roppongi
六本木のおすすめ矯正歯科医院2院
I.D.C
国際歯科クリニック
ウィングT-CUBE
クリニック

■歯列矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の平均的な費用はおよそ80~120万円、期間については平均2~3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
■副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもあります。ご不明点はクリニックへご相談ください。
■お問い合わせ先
I.D.C国際歯科クリニック:03-3478-4633、ウィングT-CUBEクリニック:03-3505-3131
■治療内容について
表側矯正:ブラケットを歯の表側に付ける、一般的な矯正方法。裏側矯正:ブラケットを歯の裏側に付ける矯正法。マウスピース矯正:理想の歯並びに向かって少しずつ形の違うマウスピースを交換していき、歯列を整える矯正方法。部分矯正:部分的な歯列の乱れを正す矯正方法。