表側矯正

矯正治療のスタンダートともいえる表側矯正では、ブラケットと呼ばれる矯正装置が特徴です。矯正治療といえば、このブラケットをイメージする人も多いでしょう。

表側矯正はどんな人におすすめなのでしょうか。また、表側矯正のメリット、デメリットも紹介します。

表側矯正とは?

従来から行われている矯正治療で、治療実績が豊富。ブラケット(矯正装置)を歯の表側に装着し、ワイヤーを通すことで歯を移動させる方法です。ほかの矯正治療では症例によっては選択できないこともありますが、表側矯正ならどんな症例にも対応できます。また、費用もほかの矯正治療に比べて安い傾向があります。

一方で、矯正器具が目立つため、人によっては気になるかもしれません。最近では、審美性を重視した白や透明の装置もあります。

こんな人におすすめ!

  • ほかの矯正方法に比べて、矯正装置が目立つので、目立っても気にしない人
  • 矯正治療のなかでは比較的リーズナブルなので、費用を安くしたい人
  • 話し方が重視される仕事で、発音や滑舌に影響しない矯正治療を選びたい人
  • 普段から虫歯になりやすいため、清掃しやすい矯正治療を受けたい人

表側矯正のメリット・デメリット

メリット

  • でこぼこの歯並びや出っ歯、受け口などさまざまな症例に対応できる
  • 舌に装置があたらないため、発音や滑舌、咀嚼などに影響しない
  • 特殊な装置を使わないため、矯正治療にかかる費用を抑えることができる
  • 矯正装置が表側に付いているため、歯の表面に付いた汚れを発見しやすい
  • 矯正装置を装着した直後は痛みを感じても、慣れると痛みを感じなくなる

表側矯正のポイントは、どんな症例にも対応できること。また、費用を安く抑えられる点です。矯正が表面に出ているので、汚れが見つけやすいことも特徴といえます。さらに、舌の動きには影響がないため、発音や滑舌を気にする人にも適していますね。

デメリット

  • 矯正装置が目立つため、見た目を気にする人には向いていない
  • 装置が唇側に突出するため、口を閉じているときにも違和感がある
  • 装置に引っ掛かるようなガムやキャラメルなどの食べ物が食べられない
  • 歯の表面を磨く際に、矯正装置が邪魔になるため、磨き残しに気を付ける必要がある

表側矯正の最大のデメリットは、装置が目立ってしまうこと。白や透明の装置もありますが、どうしても装置を装着していることはわかってしまいます。見た目が気になる人にはストレスになるため、適さないといえるでしょう。

dentistry in Roppongi
六本木のおすすめ矯正歯科医院2院
I.D.C
国際歯科クリニック
ウィングT-CUBE
クリニック

■歯列矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の平均的な費用はおよそ80~120万円、期間については平均2~3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
■副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもあります。ご不明点はクリニックへご相談ください。
■お問い合わせ先
I.D.C国際歯科クリニック:03-3478-4633、ウィングT-CUBEクリニック:03-3505-3131
■治療内容について
表側矯正:ブラケットを歯の表側に付ける、一般的な矯正方法。裏側矯正:ブラケットを歯の裏側に付ける矯正法。マウスピース矯正:理想の歯並びに向かって少しずつ形の違うマウスピースを交換していき、歯列を整える矯正方法。部分矯正:部分的な歯列の乱れを正す矯正方法。