マウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースを装着し、徐々に理想的な歯並びに近づけていく治療法。透明なマウスピースなので、目立たないのが特徴です。マウスピース矯正はどんな人におすすめなのか、メリットやデメリットは何なのか解説していきます。

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを装着し、歯並びを矯正する方法です。まず、患者さんの歯を型取りし、ほんの少しだけ理想の歯並びに近いマウスピースをつくります。マウスピースを装着していると、型に合わせて徐々に歯が移動し、少し歯並びが改善する仕組み。

このような治療を繰り返すことで、徐々に理想的な歯並びに近づけていきます。マウスピース矯正の場合、基本的に抜歯を行わないため、軽度の矯正治療に向いているといわれています。

こんな人におすすめ!

  • 矯正装置が透明で目立たないため、周囲に気付かれずに矯正したい人
  • マウスピース矯正は自分で装置を付けたり外したりするため、自己管理ができる人
  • 通院回数が少ないため、忙しくて矯正治療をためらっていた人
  • 接客や営業など、見た目の印象が重視される職業の人

マウスピース矯正のメリット・デメリット

メリット

  • マウスピースが透明なので、矯正治療中であることがバレない
  • マウスピースは取り外し可能なので、歯を磨くときに邪魔にならない
  • ワイヤーによる矯正など、ほかの矯正治療よりの来院回数が少ない
  • マウスピースは取り外してお手入れができるので衛生的
  • 金属を使用しない矯正治療なので、金属アレルギーの人でも治療できる

マウスピース矯正のメリットは、目立たないことと、取り外し可能なので衛生的なこと。また、ワイヤーによる矯正に比べて来院回数が少ないため、忙しい人にも適しています。金属アレルギーの人でも受けられる治療法です。

デメリット

  • 矯正装置であるマウスピースは、自分で管理する必要がある
  • マウスピースを装着する時間を守らないと、十分な効果が得られない
  • マウスピース矯正を始めたばかりの頃は、痛みを感じることもある
  • 歯やマウスピースに汚れが付着したままだと、虫歯になりやすい

マウスピース矯正のデメリットは、自分でマウスピースを管理する必要があること。装着時間を守らないと、歯並びが改善するまでの長い期間がかかってしまいます。また、食事の後に歯磨きをしないと、虫歯のリスクが高くなるため、注意が必要です。

マウスピースの種類

マウスピース矯正と一口に言っても、使用するマウスピースによって特徴や適応症状が異なります。そこで、代表的なマウスピースの種類についても紹介していきます。

インビザライン

「インビザライン」はアメリカで開発された、世界で最も普及しているマウスピースです。現在、世界100ヶ国以上で提供されており、利用している患者さんの数は400万人を超えると言われています。

インビザラインの製作では、最新の3Dコンピューターソフトが用いられています。治療前の歯型を3Dデータ化し、そこから歯の動きをシミュレーションしながら、マウスピースを製作するといった流れです。患者さん1人ひとりに合わせたオーダーメイドなので、幅広い症例に対応できる上、装着時の異物感も抑えることができます。さらに、取り外しやブラッシングも簡単です。

ただし、インビザラインは最新のテクノロジーを利用していることもあり、マウスピースの中でも特に費用が高くなっています。治療内容やクリニックによってばらつきはありますが、80万円以上かかるケースもあるようです。

アソアライナー

「アソアライナー」は日本製ということもあり、日本国内で最も普及しているマウスピースです。材料の弾性を活かして、歯を動かすことができます。

アソアライナーの大きなメリットは、歯形採取から供給までの期間が短いことです。早ければ10日~2週間程度で矯正を始めることができます。また、ソフト・ミディアム・ハードと種類ごとに厚みが異なっていますが、これにより矯正に必要な力をコントロールできるため、痛みが起こりにくいのです。

一方、インビザラインに比べると、適応症状が限られるというデメリットもあります。

イークライナー

「イークライナー」はインビザラインと同じく、歯型を3Dデータ化して製作するマウスピースです。今後の歯の動きを解析しつつ、最初に必要なマウスピースをすべて製作するので、毎回歯形を採取する必要がありません。そのため、通院回数も少なくて済みます。

ただし、イークライナーも適応症状はあまり多くありません。

DENマウスピース

「DENマウスピース」は、1日の装着時間の短さを売りにしているマウスピースです。

他のマウスピースだと、1日につき17時間~20時間程度の装着が求められますが、DENマウスピースなら8時間~10時間と半分以下で済みます。就寝中の装着でもOKなので、日中は気軽に食事したり、会話を楽しんだりできるのです。

ただ装着時間が短い代わりに、全体の治療期間は長くなってしまいます。また、2週間ごとに歯形を採取して、新たなマウスピースを製作しなければならないため、通院回数も増えてしまうのが難点です。

マウスピース矯正の種類についてもっと詳しく知る

dentistry in Roppongi
六本木のおすすめ矯正歯科医院2院
I.D.C
国際歯科クリニック
ウィングT-CUBE
クリニック

■歯列矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の平均的な費用はおよそ80~120万円、期間については平均2~3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
■副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもあります。ご不明点はクリニックへご相談ください。
■お問い合わせ先
I.D.C国際歯科クリニック:03-3478-4633、ウィングT-CUBEクリニック:03-3505-3131
■治療内容について
表側矯正:ブラケットを歯の表側に付ける、一般的な矯正方法。裏側矯正:ブラケットを歯の裏側に付ける矯正法。マウスピース矯正:理想の歯並びに向かって少しずつ形の違うマウスピースを交換していき、歯列を整える矯正方法。部分矯正:部分的な歯列の乱れを正す矯正方法。