その他の矯正治療について

矯正には、表側矯正や裏側矯正、マウスピース矯正が挙げられますが、ほかにも治療方法があります。

この記事では、審美性の高さを追求した矯正治療である「インプラント矯正」「セラミック矯正」、費用を抑えた治療ができる「ハーフリンガル」について紹介します。

インプラント矯正とは?

インプラント矯正は、アンカーインプラントと呼ばれる矯正用の細くて小さなチタン製のネジを埋め込み、そこを基点に動かしたい歯を矯正していく治療方法です。

歯を失った人が利用するインプラントとは異なり、一生取り付ける器具ではないため、1mm前後の大きさのネジやプレートを埋め込むのが特徴です。

アンカーインプラントを埋め込むためには、麻酔をしたうえで手術をおこなう必要がありますが、1mm程度の穴を開けておこなうので15分ほどの時間で矯正器具の装着に移れます。

インプラントは自然歯よりも頑丈なため、強い力で歯を引っ張り動かせます。奥歯を基点とした矯正ではおこなえない治療もできるため、抜歯や外科手術の可能性が減るのもポイント。

奥歯そのものを動かしたい人にも向いています。

こんな人におすすめ!

  • 矯正治療期間を短くしたい人
  • 抜歯や外科手術をせずに矯正治療がしたい人
  • 表側矯正や舌側矯正、マウスピース矯正を断られてしまった人
  • 必要な歯だけ動かして矯正をしたい人
  • インプラント周辺のブラッシングやケアが十分にできる人
  • 対応している矯正歯科が少ないため、多少遠くでも通える人
  • 奥歯を動かして歯のスペースを空けたい人

インプラント矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 奥歯の位置をずらすことができるため、抜歯の可能性を下げられる
  • アンカーインプラントを埋め込むため、自然歯よりも強い力で歯を動かせる
  • 強制力が高いため、治療期間を短くできる
  • 歯を大きく動かせるため、長期に渡る出っ歯治療や顎の手術が必要なケースでも対応できる
  • 矯正したい部分だけ治療ができるため、患者さんの負担が軽減される

強い力で早く大きく歯を動かせるのがメリットのインプラント矯正。従来の矯正方法では、本来動かす必要のない歯を守るための装置、動かしたい位置にもっていくための装置など、口内で装置が複雑に取り付けられることもあります。歯磨きやケアがしにくい状態になってしまうのですが、インプラン矯正なら複雑な装置がないため、手入れがしやすいのメリットと言えるでしょう。

デメリット

  • アンカーインプラントを埋めるために、麻酔をして手術する必要がある
  • 矯正用インプラントのため、抜けてしまうリスクがある
  • インプラント周辺に感染症のリスクがある
  • 費用が高額である
  • インプラント矯正ができる矯正歯科が少ない

インプラントを埋める術が必要なため、表側矯正や裏側矯正よりも費用がかかってしまうデメリットがあるインプラント矯正。対応している歯科クリニックが少ないので、交通費がかさんでしまうことも考えられます。

矯正用のインプラントは細いため、人によっては外れてしまうことも。日ごろのケアをしていても、よくブラッシングができていない場合には感染症にかかる可能性もあるため注意が必要です。

セラミック矯正とは?

セラミッククラウンと呼ばれる被せものをして歯並びを整えるセラミック矯正。歯科クリニックによっては「クイック矯正」「差し歯を使用した矯正」と案内することもあります。

セラミックを被せるために歯を削る必要がありますが、セラミックを取り付けてしまえば矯正完了となるため、治療期間を短くすることも可能。

また、被せるセラミックを自分の好みで選べるため、予算や理想に合わせた治療が受けられます。

セラミックには種類があり、陶器のひとつで欠けやすさはあるが自然な見た目の「セラミック」、プラスティックを混ぜることで柔らかさを出した「ハイブリットセラミック」、被せものの裏面が金属でない「オールセラミック」、金属を使わずジルコニアのみを使うことで強度を増した「ジルコニアセラミック」などがあります。

金属アレルギーの有無や、審美性、予算、奥歯なのか前歯なのかなど、さまざまな条件や理想に合わせて選択します。

こんな人におすすめ!

  • 手早く矯正を終わらせたい人
  • 完璧な歯並びじゃなくてもいい(見える部分だけ整っていればいい)人
  • 忙しくてあまり歯医者さんへ行けないため、矯正をあきらめていた人
  • 芸能人のような白い歯を目指す(自分の歯よりも美しい歯を求める)人
  • 費用が高額でもいい、とにかく理想の見た目にしたい人

セラミック矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 自分の歯を削ってセラミックを取り付けるのみなので、治療時間が短い
  • 好みのセラミックを選んで取り付けるられる
  • すぐに矯正を終えられる
  • 素材によっては自分の歯よりも頑丈な歯を得られる
  • 一部だけ取り付けることもできるため、費用を抑えられる
  • 歯の長さや幅の調整など、細かな部分も整えられる

セラミック矯正は、短い治療時間で歯を整えられるのがメリットの矯正方法です。もともと持っている健康な歯を削らなければなりませんが、セラミッククラウンの白くて美しい歯が手に入れられます。

矯正器具によって、歯並びが乱れているすべての歯を動かさなくても良い、すべての歯にセラミックを被せる必要がないため、予算や状況に合わせた治療ができるのもうれしいところ。

デメリット

  • セラミックが壊れる可能性がある
  • アレルギーを引き起こす可能性がある
  • 費用が高額
  • 経年劣化で取り替えなければならないケースもある
  • 歯並びの状態によっては対応できないこともある

選んだセラミックによっては壊れる可能性があるのがデメリットのセラミック矯正。

「オールセラミック」や「ジルコニアセラミック」などの一部の素材以外では、クラウンの裏側に金属を使っているため、金属アレルギーになってしまうリスクも。また、セラミックを被せるだけではカバーできないケースでは、治療ができないこともあります。

ハーフリンガルとは?

ハーフリンガルは、表側矯正と裏側矯正(舌側矯正・リンガル)を組み合わせて歯並びを整える矯正方法です。上の歯は裏側矯正、下の歯は表側矯正をします。

表側矯正の「人から矯正をしているのが分かりやすい、出っ歯の治療では状態によって矯正できないケースもある」、裏側矯正の「舌に矯正装置が当たって話しにくい、ケアがしにくい、費用が高額」というデメリットを軽減させてくれる、いいとこどりをしたような矯正です。

こんな人におすすめ!

  • 裏側矯正のみでは高すぎるが、できるだけ矯正装置が目立たないようにしたい人
  • 前歯を大きく動かしたい(出っ歯が気になっている)人
  • 裏側矯正の治療期間よりも短い期間で歯並びをキレイにしたい人
  • 見た目を重視される仕事に就いている人

ハーフリンガルのメリット・デメリット

メリット

  • 上の歯は裏側矯正のため、パッと見ただけでは矯正が分かりにくい
  • 下の歯は表側矯正なので舌があたる感覚が変わらず、違和感を覚えにくい
  • 矯正装置によって口元が盛り上がって見えることが少ない
  • 出っ歯になる舌癖を改善するきっかけになる
  • 表側矯正では動かせない前歯の突出を矯正できる
  • 裏側矯正のみの治療費よりも、費用が下げられる
  • 表側矯正も取り入れているため、治療期間が裏側矯正のみの場合よりも短い
  • 舌の歯の裏に矯正装置がないため、発音に影響が出にくい

目立ちにくく、リンガル矯正よりも費用が抑えられるのがメリットのハーフリンガル。

表側矯正と裏側矯正のデメリットをうまく軽減させてくれるため、人によってはハーフリンガルの方が向いていることもあります。

前歯の矯正に関しては、表側から押して動かすのでは歯並びを戻せないケースでも、裏側から強く引っ張ることのできるリンガル矯正ならうまくいくことも。

デメリット

  • 表側矯正のみよりも高額
  • 裏側矯正がある分、ブラッシングやケアがしにくくなる
  • 歯科医師の技術が結果に直結するため、場合によっては満足しないことも。

裏側矯正をとり入れているため、費用が高くなってしまうこと、ケアがしにくくなってしまうことがデメリットに挙げられるハーフリンガル。

特に裏側矯正は歯科医師の経験と技術に結果が左右されやすい治療とされるため、クリニックや先生との相性が悪ければ納得できる仕上がりにならないこともあります。

ハーフリンガルを得意としている歯科クリニック、ハーフリンガルに力を入れていると公式サイトや口コミで見かける歯科を選ぶなど、慎重に決めるのがおすすめです。

綺麗な歯並びがまぶしい!マリコ先輩の一口メモ

イメージ
矯正の種類を知ることは、あなたの歯並びをより美しくする方法を知るということ!

治療方法を即決するのもいいけれど、じっくり選んで相談して決めるのも大切よ。

例えば、インプラント矯正やセラミック矯正は費用が高額になると言われているけれど、実際にカウンセリングを受けてみることで、費用を抑える方法や仕上がり予想がわかるかも。
印象を左右する口元だからこそ、見た目重視で、まずは医師に相談してから考えるのもおすすめ。

このサイトでは、六本木の歯医者さんで「受けられる矯正治療」や「病院のコンセプト」を「口コミ」を紹介しているから、矯正方法を選んだあとのクリニック選びに活用してみて!

矯正は無料相談を受け付けている歯医者さんも多いから、上手に活用することも上手くいく秘訣よ。

dentistry in Roppongi
六本木のおすすめ矯正歯科医院2院
I.D.C
国際歯科クリニック
ウィングT-CUBE
クリニック

■歯列矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の平均的な費用はおよそ80~120万円、期間については平均2~3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
■副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもあります。ご不明点はクリニックへご相談ください。
■お問い合わせ先
I.D.C国際歯科クリニック:03-3478-4633、ウィングT-CUBEクリニック:03-3505-3131
■治療内容について
表側矯正:ブラケットを歯の表側に付ける、一般的な矯正方法。裏側矯正:ブラケットを歯の裏側に付ける矯正法。マウスピース矯正:理想の歯並びに向かって少しずつ形の違うマウスピースを交換していき、歯列を整える矯正方法。部分矯正:部分的な歯列の乱れを正す矯正方法。