出っ歯

出っ歯の正式名は、上顎前突症と呼びます。唇を閉じていても前歯だけ見えてしまう、歯が大きく前に出て歯茎が目立つなど、前歯が目立つ状態を出っ歯と称されているようです。

ここでは、出っ歯の原因、特徴、リスク、矯正方法についてまとめています。

どうして?出っ歯の原因

なぜ出っ歯になってしまうのか、考えられる原因には主に2つあります。

遺伝

生まれつき前歯のサイズが大きい場合があります。両親が、前歯が大きかったり出っ歯傾向だと遺伝的要因と考えられます。前歯が大きいことによって、歯が生えてくるスペースが足りなくなり、前歯が重なって生えてしまったり、前に傾いて突出して生えてくるケースがあります。

悪いクセや生活習慣

普段何気なくやっている癖や、幼少期にやっていた癖が原因で出っ歯になってしまうことがあります。例えば、舌で歯を押し付ける癖がある場合は、日常的に前歯に力がかかっている状態になります。幼少期に指しゃぶりの癖があった場合も大きな要因です。指をしゃぶることで親指で前歯を押し出している状態になり、やがて出っ歯になる可能性があります。

そもそも出っ歯の特徴とは?

出っ歯の特徴としては、歯を噛み合わせた時に、上顎の前歯が前に飛び出ていて、前歯が目立つ状態のものをいいます。

大きく前方に傾いて飛び出しているもの、下顎に比べて上顎が大きいため横から見た時に上唇に前突感がでてしまうもの、下顎が後退しているものなど、出っ歯にもさまざまな種類があります。

横顔になったとき、Eライン(エステティックライン)と呼ばれる、鼻の先端と顎の先端を結んだラインより、唇が出ていると出っ歯とみなされます。

このEライン上に唇が治まっていると横顔美人になれます。

出っ歯をそのままにしておくと起こるリスク

出っ歯をそのままにしておくことで何か支障はあるのでしょうか?考えられるリスクをあげてみます。

見た目

前歯や歯茎が気になって人前で笑えなかったり、イジられる対象になってしまいコンプレックスになってしまうことも。唇を無理に閉じようとして力が入り、口元に梅干しのような細かなシワが寄ってしまうこともあります。

口内環境が悪化する

前歯部分だけ唇が閉じづらいため口呼吸になりやすいです。すると、口腔内が乾燥しやすくなり唾液の自浄効果が作用せず、細菌が繁殖して口臭がきつくなったり、歯周病を引き起こしたりします。

食べ物がうまく噛み切れない

下の前歯より上の前歯出ているため、噛み合わず、前歯で食べ物を噛み切れないことがあります。

出っ歯を改善する矯正方法

出っ歯の矯正方法は、出っ歯の状態にもよります。成長中の子どもの場合は、顎の位置の矯正をはじめますが、成人の場合は、顎の成長が止まっているため歯のみ動かしていきます。

前歯だけが気になる場合は、部分矯正がおすすめです。ブラケット装置などを用いて前歯の気になる部分を移動させていきます。

重度の出っ歯の場合は、全顎矯正で歯列全体を動かしてきます。噛み合わせの問題も改善できます。ただし、顎が小さい場合は、歯が並びきらないため、抜歯の必要も出てきます。

また、骨格が原因の場合は、著しく上顎の骨が前突していたり、下顎の骨が後退している場合は、外科的な手術が必要になってきますので、矯正治療ではできません。

綺麗な歯並びがまぶしい!マリコ先輩の一口メモ

イメージ
出っ歯が原因でうまく笑えないなら…
思い切ってクリニックへ相談を!

出っ歯は、前歯のインパクトが強くて人の印象にも残りやすいよね。私の友達も、チャーミングなのに「ビーバーみたいな前歯が気になる」ってとても悩んでいたの。思い切って矯正治療をすすめてみたら、結果は大成功!キレイな歯並びになって笑顔も輝いていたの。何より、人前で笑顔を手で隠さなくなったし自信であふれていたわ!

もし、あなたも出っ歯で悩んでいたらクリニックへ相談してみてね。矯正治療ではクリニック選びが重要!価格は安めで駅チカ、夜遅くまでやっているところだと通いやすくておすすめよ♪

dentistry in Roppongi
六本木のおすすめ矯正歯科医院2院
I.D.C
国際歯科クリニック
ウィングT-CUBE
クリニック

■歯列矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の平均的な費用はおよそ80~120万円、期間については平均2~3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
■副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもあります。ご不明点はクリニックへご相談ください。
■お問い合わせ先
I.D.C国際歯科クリニック:03-3478-4633、ウィングT-CUBEクリニック:03-3505-3131
■治療内容について
表側矯正:ブラケットを歯の表側に付ける、一般的な矯正方法。裏側矯正:ブラケットを歯の裏側に付ける矯正法。マウスピース矯正:理想の歯並びに向かって少しずつ形の違うマウスピースを交換していき、歯列を整える矯正方法。部分矯正:部分的な歯列の乱れを正す矯正方法。