過剰歯

過剰歯は、通常の歯の本数より多く生えてきてしまったことをいいます。問題がなければいいですが、歯並びが悪くなったり、他の歯を押すように横向きで生えてしまうこともあります。ここでは、過剰歯の特徴、リスク、治療法などについてご紹介していきます。

どうして?過剰歯の原因

過剰歯の原因は、実はまだよくわかっていません。一般的には、歯が作られる過程で、歯のもとになる歯胚という細胞が多くつくられてしまい、成長過程で分裂を起すことによって過剰歯になってしまうと言われています。

過剰歯の発生率は、約30人に1人だそうです。

痛みが出ないこともあり、気づかない場合も多いですが、幼児期の歯科検診のレントゲン撮影で、余分に生えた過剰歯が見つかることがあります。

過剰歯の生える位置は、正中過剰歯といって、上の前歯の真ん中に生える確率が高く、約半数を占めています。
親知らずの後ろに生える第四大臼歯なども過剰歯としていわれます。

そもそも過剰歯の特徴とは?

過剰歯の特徴を挙げると以下のようなことが考えられます。

1本だけ過剰

過剰歯はたくさん生えるというよりも、1人につき1本だけといった場合が多いようです。

通常の歯よりも小さい

過剰歯は、通常の歯と比べて、大きさも小さかったり、形も尖って三角形だったりと変形している歯なので、正常な歯のように機能を果たしたり、将来活用できる歯ではありません。歯並びに影響するならば幼少期のうちに抜歯することが推奨されます。

上顎の生えることが多い

過剰歯は、下顎に生えるよりも上顎に生える場合が多いようです。下顎の場合は、臼歯部分に生えてくるそうです。

過剰歯をそのままにしておくと起こるリスク

過剰歯は抜かないでも、正常な歯と同様に問題なければそのままにすることもありますが、たいていリスクが生じてきます。例えば、次のようなリスクが考えられます。

永久歯が生えてこない

乳歯が抜けてから、なかなか永久歯が生えてこない場合は、過剰歯が影響していることがあります。前歯にあたる正中過剰歯があると、永久歯が引っ掛かって出てこれない、成長を妨げることがあります。真っすぐに生えないリスクがあるので、早めに歯茎を切開し、抜歯すれば解決します。

歯並びに悪影響が出る

正中過剰歯の場合、前歯が離れてすきっ歯になってしまったり、ハの字のように生えたり歯並びに影響がでます。

細菌感染が広がる

骨に埋まった過剰歯は、正常の歯の根元を押したり、永久歯の歯根を溶かしてしまうことがあります。また、のう胞といって病変を作ってしまう場合も。虫歯になった歯の根元に過剰歯が埋まっていると細菌の感染が広がり、痛みや腫れ、大掛かりな抜歯が必要になります。

過剰歯を改善する矯正方法

永久歯の歯並びに影響をおよぼす過剰歯は、年齢や過剰歯がある位置によって早めに抜歯の時期を検討しましょう。幼少期に見つかった場合は、永久歯が生え変わるタイミングで抜歯すれば良いですが、大人になってからは治療が大掛かりになることが多いでしょう。

過剰歯が逆性といって通常と生える方向が反対の場合は、口腔外科での治療を進められる場合もあります。過剰歯が、今の段階では歯並びや他の歯に影響を与えてない場合も、今後、悪影響を及ぼす場合が考えられます。

抜歯したほうが良いかの判断は、専門家でないと難しいので、クリニックの歯科医に相談してみましょう。

綺麗な歯並びがまぶしい!マリコ先輩の一口メモ

イメージ
聞きなれない言葉「過剰歯」!
実はあなたの歯並びに影響しているかも…?

過剰歯という言葉は、耳慣れないし初めて聞いた!という人も多いと思います。そういう私も初めて聞いたわ。
前歯がすきっ歯ぎみ、八の字に生えてる、と思ったら過剰歯が影響している?と疑ったほうがいいかも。歯を抜くのは躊躇しちゃうけど、今後の歯の健康、そして全身の健康のためにも、悪影響が出そうなら、抜いて歯列矯正をしてみるとのも手かも!
まずは、クリニックの先生に相談して判断してもらいましょう♪クリニック選びは、今後の通院を考えるなら仕事帰りでも無理なく通える駅チカ&夜遅くまで診療しているところを選んでみてね。

dentistry in Roppongi
六本木のおすすめ矯正歯科医院2院
I.D.C
国際歯科クリニック
ウィングT-CUBE
クリニック

■歯列矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の平均的な費用はおよそ80~120万円、期間については平均2~3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
■副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもあります。ご不明点はクリニックへご相談ください。
■お問い合わせ先
I.D.C国際歯科クリニック:03-3478-4633、ウィングT-CUBEクリニック:03-3505-3131
■治療内容について
表側矯正:ブラケットを歯の表側に付ける、一般的な矯正方法。裏側矯正:ブラケットを歯の裏側に付ける矯正法。マウスピース矯正:理想の歯並びに向かって少しずつ形の違うマウスピースを交換していき、歯列を整える矯正方法。部分矯正:部分的な歯列の乱れを正す矯正方法。