受け口

受け口は、噛み合わせた時に下顎が上顎よりも前に出すぎている状態のことをいいます。下顎前突、反対咬合ともいい、俗語でしゃくれとも呼ばれています。ここでは、受け口の原因、特徴、リスクや治療法について紹介していきます。

どうして?受け口の原因

受け口の原因として考えられるのは、主に3つあります。

遺伝

両親のどちらかが受け口の場合、子どもに遺伝する可能性があります。下顎が大きく、上顎が小さいなどは、骨格性の遺伝が考えられます。

歯の生え方

歯軸は本来真っすぐ生えますが、斜めに傾いてしまうことで受け口になる場合があります。下顎の前歯が斜め前に出て、上顎の前歯が下顎よりも中に入るように傾斜すると、骨格のバランスでは問題ないのに、上顎の前歯が内側に入ってしまうため受け口に見えることがあります。

良くないクセ

幼少期の頃に、下顎を突き出す癖や舌で下顎の前歯を押し出す癖がある場合は、日常的に圧力がかかって受け口になることがあります。

そもそも受け口の特徴とは?

噛み合わせが通常とは逆になり、下顎が上顎よりも前に出ている状態が特徴です。噛み合わせの理想としては、上の歯が下の歯より2mmほど出ているのが良いとされていますが、下顎が外側に突き出て上の前歯が下の前歯の内側に入ってしまいます。

口を閉じた時も上唇より下唇が前に出た状態になるので、無理して口を閉じると、ムッとしているような表情に見えてしまうことがあります。通常の噛み合わせとは逆になるので、しっかり噛むことが難しく、食事を良く噛めないといったことも起こります。そのため、消化不良を起こし健康面でもマイナスになります。

噛み合わせが悪いせいで、顎の骨や筋肉に負荷がかかり、身体のバランスが悪くなります。肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。

受け口をそのままにしておくと起こるリスク

受け口を矯正せずにそのままにしていると、次のようなリスクが考えられます。

成長とともに受け口の症状が悪化

    思春期頃に起こりやすいですが、身体の成長とともに下顎の骨も急激に成長し大きくなります。すると、より受け口の症状が顕著になってきますので、下顎が成長する前の早期治療が望ましいと言われています。

    噛む力の低下

    受け口は下顎が大きく出た状態なので、上の歯との噛み合わせが悪くなります。食べ物を咀嚼するときに、無理な力がかかり負担が出てきます。

    顎関節症

    受け口が原因で顎関節症になる可能性もあります。下顎が歪んでズレてしまい、顎や骨に影響を与えてしまいます。

    発声に影響

    とくにサ行の発声がしづらいようで、滑舌が悪い印象をもたれやすいです。

    受け口を改善する矯正方法

    受け口の矯正方法は、原因によって変わってきます。しかし、発達段階の子どもの矯正では骨格にアプローチした矯正方法が可能ですが、大人の場合では、骨格の成長が終わっているため、歯を動かして治療していきます。

    受け口の症状が軽度の場合は、上顎の前歯を前に持ってきて受け口を治します。中度の場合は、前歯と奥歯の中間にある小臼歯を抜いて、そのスペースに下顎の前歯を後ろへ移動させて整えていきます。重度の場合は、横顔からみた突出感が歯を移動させるだけでは治らないため、外科的手術が必要になってきます。

    綺麗な歯並びがまぶしい!マリコ先輩の一口メモ

    イメージ
    受け口を治した自分を想像してみて♪
    それから治療をしたいか決めましょう!

    受け口は、顎の存在感が前に出てしまいがちになるから、見た目で悩まれる女性がとても多いの。健康面でも、上下の歯が噛み合わなくて、前歯で食べ物が噛み切れないから食事が楽しめないといった声も聞かれるわ。コンプレックスになって性格的にも内向的になってしまう人も…。
    そんな時は、「もし、受け口が治るなら自分はどうなるか」想像してみて!実際に治療された女性で、自信がついて前向きなになれた!という人も。
    自分を変えたい人はクリニックの先生に相談してみてね。クリニックは、仕事帰りでも通いやすい平日夜遅くまでやっていて駅チカなところが便利よ♪

    dentistry in Roppongi
    六本木のおすすめ矯正歯科医院2院
    I.D.C
    国際歯科クリニック
    ウィングT-CUBE
    クリニック

    ■歯列矯正治療の費用と期間について
    矯正歯科の平均的な費用はおよそ80~120万円、期間については平均2~3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
    ■副作用について
    矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもあります。ご不明点はクリニックへご相談ください。
    ■お問い合わせ先
    I.D.C国際歯科クリニック:03-3478-4633、ウィングT-CUBEクリニック:03-3505-3131
    ■治療内容について
    表側矯正:ブラケットを歯の表側に付ける、一般的な矯正方法。裏側矯正:ブラケットを歯の裏側に付ける矯正法。マウスピース矯正:理想の歯並びに向かって少しずつ形の違うマウスピースを交換していき、歯列を整える矯正方法。部分矯正:部分的な歯列の乱れを正す矯正方法。